超福祉 SUPER WELFARE  インクルーシブ・デザインの現場 | 超福祉ショップ

1/3

超福祉 SUPER WELFARE  インクルーシブ・デザインの現場

¥2,200 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

『超福祉展』(正式名称「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」)は、障害を抱えた人や、高齢者、LGBTなどのマイノリティ、福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除こうと、2014年より毎年11月の一週間、渋谷ヒカリエを中心に渋谷の街全体で開催を続けている展示会です。
本ムックは、障害者やマイノリティと健常者が差別なく交流できる社会の実現をめざす同展で紹介されたアイデアやプロダクト、その開発の現場の集大成。超福祉に携わるクリエイターやプレイヤーによる座談会などを交えて、マイノリティーを巻き込みながら社会課題の解決を図るインクルーシブ・デザインの最前線をレポートしています。

超福祉展は、思わず「カッコイイ」「カワイイ」と使ってみたくなるデザイン、大きなイノベーションを期待させてくれるテクノロジーを備えたプロダクトの展示・体験に加え、魅力的なプレゼンターたちが登場するシンポジウムや多彩なワークショップなどで、従来の福祉の枠にとらわれないアイデアやプロダクト、その開発者や開発プロセスを数多く紹介してきました。従来の展覧会のイメージを“超えた"、まさに我が国で初めてのインクルーシブ・デザインの実践の場、といっても過言ではありません。

"超福祉"はこれまでの障害者をはじめとするマイノリティへの偏見をなくし、“心のバリアフリー"を推進するインクルーシブ・デザインのお手本とも言える活動です。ダイバーシティの推進や社会課題の解決に向けて具体的に何をすればよいのか、これを目に見える形でわかりやすく伝える数少ないムックです。超福祉的発想に基づく本のデザインも、従来の書籍の概念を“超えた"ものとなっています。

長谷部渋谷区長や中村伊知哉慶應義塾大学教授といったキーパーソンのインタビューも掲載。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた最新動向・新潮流もお伝えしています。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    その他の商品